自閉症とは何か

「ASD(自閉症)」について詳しくみていきましょう。

「自閉症」とは、自らに閉じこもるといった心の病ではありません。脳機能に偏りがみられ、その「特性」の為に、社会的な人とのコミュニケーションが困難であると言われています。この「脳の偏り」には、「遺伝子の変異」が関係しているとみられ解明への研究が取り組まれています。

●言葉の遅れ
●人間関係の築きの困難
●こだわりの強さ

上記の3項目は、ASD(自閉症)の大きな特徴と言われています。
その他に、特徴としてみられる症状は、
●感覚過敏
●繰り返し行う行動
●目を合わさない
●パニックになりやすい
などが具体的にあげられます。

これらの症状を引き起こす原因として、
脳の特定の部位の働きとの関連性が高いと考えられています。

●脳の部位【側頭葉】
●脳の部位【篇桃体】
●脳の部位【前頭前野】
●脳の部位【前帯状回】

上記の脳の部位の働きが、通常とは異なるような動きをみせる事で、ASD(自閉症)の行動特性が関連付けをされているのではないかと、その働きの解明が進んでいます。

発達障害の種類をもっと知ろう

「発達障害」は、現在、おおまかに3つのグループに分けると考えられてきました。ですが、この3つのグループには、確固たる境界線があるのではなく、それらの特性は重複などの重なりをみせる部分があり、連続するひとつづきの連続体と考えられています。「発達障害」考える際には、診断名などは、あくまでも目安となるもので、人の成長とともにその診断名は変化をみせたりすると言われています。

■ADHD・・・多動性障害(不注意・多動性・衝動性など、落ち着きがない)
■ASD・・・自閉症(他者との交流が苦手)
■LD・・・学習障害(読み・書き・計算が苦手)

上記のような、「発達障害」における、3つのグループの「特性」を、ひとつながりとして考え、どの特性が強い、弱いなどで、個々人への特性を理解した上で、必要な支援を行う事が重要です。支援の必要のない人に、不用な支援を行う事は、相手の能力を妨げてしまう事にもつながります。発達障害をもつ人が、「宇宙人」のようだと呼ばれる所以は、コミュニケーションの取りづらさや、時として感覚のズレた行動を行う事からくるのかもしれません。ですが、彼らには彼らなりの秩序があり、そのルールに従って行動しているので、常識的なルールを分かりやすく伝える事で、「障害」と言われる「特性」が、社会的秩序を害さない行動になっていくと考えられています。「発症障害」の診断名にとらわれず、個々人の「特性」に沿ったサポートが重要となってきます。

発達障害の種類について知ろう

「発達障害」は、現在、おおまかに3つのグループに分けると考えられてきました。ですが、この3つのグループには、確固たる境界線があるのではなく、それらの特性は重複などの重なりをみせる部分があり、連続するひとつづきの連続体と考えられています。「発達障害」考える際には、診断名などは、あくまでも目安となるもので、人の成長とともにその診断名は変化をみせたりすると言われています。

■ADHD・・・多動性障害(不注意・多動性・衝動性など、落ち着きがない)
■ASD・・・自閉症(他者との交流が苦手)
■LD・・・学習障害(読み・書き・計算が苦手)

上記のような、「発達障害」における、3つのグループの「特性」を、ひとつながりとして考え、どの特性が強い、弱いなどで、個々人への特性を理解した上で、必要な支援を行う事が重要です。支援の必要のない人に、不用な支援を行う事は、相手の能力を妨げてしまう事にもつながります。発達障害をもつ人が、「宇宙人」のようだと呼ばれる所以は、コミュニケーションの取りづらさや、時として感覚のズレた行動を行う事からくるのかもしれません。ですが、彼らには彼らなりの秩序があり、そのルールに従って行動しているので、常識的なルールを分かりやすく伝える事で、「障害」と言われる「特性」が、社会的秩序を害さない行動になっていくと考えられています。「発症障害」の診断名にとらわれず、個々人の「特性」に沿ったサポートが重要となってきます。

発達障害を考える

「発達障害」を考えるにあたって、「発達障害」とは?と、その存在すら知らなかったという方もいらっしゃるかもしれません。「発達障害」とは、脳機能の障害と言われています。脳の認知機能機関の「障害」が、ある種の「特性」のある行動や、感覚をうみ、周囲の人々との社会的なコミュニケーションを取りにくくしていると考えられています。昨今、集団生活が必要な、学校生活や、職場などの環境での対人トラブルとして、様々な媒体などに登場するようになってきました。「発達障害」自体は、最近の問題ではなく、古来よりそのような記述は残されており、私たちの身近な問題として、人々の間で取り上げられてきたものであります。具体的にどのような事柄を表わすのかをまとめてみましょう。その特性は、集団的な行動をする際に顕著に現れやすいと言われています。ですので、就学前の幼児などが、自宅で家族との時間を過ごしている時点では、気付かれにくい事もあります。

●一般的な集団的ルールが守れない
●相手の身ぶり、表情から他人の感情などを読み取りづらい
●家族も含め、他人と視線を合わせようとしない
●対人関係を構築する事が苦手
●物事に関して、応用や柔軟な対応ができにくい

などが、「発達障害」にみられる「特性」の具体例となります。
共感したり、共有するといった関係性をもつ事柄に対する、対応能力が乏しいと考えられています。また、目に見えない明確化されていない物事、「感情」や「規則」といった抽象的なものを、想像するような事柄も苦手とされ、人とコミュニケーションを取ることに苦労しているようです。

発達障害とアイデンティティ

発達障害をもつ人々とのコミュニケーションを取り上げる際に、その「障害」をクローズアップしてしまいがちですが、同時に、皆、個々に「個性」があると言う事が、本来は前提にされるべきなのです。個性とは千差万別であり、多種多様にアイデンティティというものがあります。皆さんは、ご自身の個性について、どのように感じていますか?例えば御家柄だとか、身長や顔、成績など、ご自身に付随する事柄が、皆さんのアイデンティティなのだとクローズアップされ、個人を判断される事にどう感じますか?それらの事柄が、皆さんの好ましいことであれば良しとするかもしれませんが、好ましくない事柄だとしたならば・・・、自分の一部分しか見ていない批判だと否定するかもしれません。

発達障害の「障害」が影響を与えている「特性」とは、発達障害者の「一部分」であり、彼らの全てではありません。社会性が乏しいと言われている「特性」は「障害」ではなく、「能力」として彼らが独自に活躍をみせる場もあり、その認知も広がりをみせています。

発達障害は「障害」ではありますが、「障害」だけではないのです。そのバックグラウンドには、皆さんと同じ「個性」があり、個人のアイデンティティとして社会に受け入れられる必要があります。「障害」と「個性」は交じり合う事で、発達障害者のアイデンティティを築いているという観点から、社会的コミュニケーションは構築されるべきだと考えています。

発達障害者の支援センター

発達障害者への支援を考える中で、「自尊心の回復」が重要であると言われています。発達障害を抱える人々は、社会的な交流を行う能力が比較的低いと言われており、その乏しさから、批判や誤解を受ける場面が多いと考えられています。批判や、誤解を受けやすい人々は、失敗や挫折感を繰り返す事で、自己否定を繰り返し、「自尊心」を失いがちであると考えられています。人間が社会で、人間的な暮らしをしていく為には、「自尊心」が大変重要な役割を果たしていると言われています。声に出して、「自分が好きです」と言ってみましょう。こう唱えるだけでも、自尊心を育てる事に効果がみられると言われています。私自身、半信半疑でしたが、実際に「自分を好きになる」という事は、人が自分らしく生きていくことに大きく関わっている気がします。
発達障害をもつ人々が社会と関わる中で、コミュニケーション力を育てる為に、支援センターとして「デイケアー」と呼ばれる、レクリエーション施設がまだ少数ですが活用されるようになってきました。「発達障害」自体が、社会の中での認知度がまだ低い事もあり、その支援センターの数は、まだまだ少ないと言われていますが、その活動の働きは、発達障害者の適応能力を立て直す拠点として期待を寄せられつつあります。その「デイサービス」での活動は、集団的な活動や、グループ作業などを通じて、発達障害をもつ人々が、自身の特性の長所・短所を見出し、「自尊心」を芽生え差せることに目的があります。今後も多くの人々が利用できるよう、地域に芽生えさせたい活動拠点の一つでもあります。

発達障害とオトナ2

先日お伝えしたADHDのケースはほかにもあります。例えば、お財布の中身などを確認せずに衝動的に何でもかんでも買ってしまうというケースや、仕事場などで働いている際にとにかく落ち着くことができず、足を揺らしてしまうとか、特に目的がないような動きなどを何度も何度も繰り返してしまうということはあげられるのではないでしょうか。このようなケースの場合には、周りの人から見てみると落ち着きがないとか、集中力がないとか、仕事ができないなどという風に決めつけられてしまう人が多いため、発達障害の一つとしては認知すらされないというケースが多かったわけです。現代では、ある程度 ADHD、アスペルガー症候群に対する理解は発達しているとしても、昔では非常にこのような障害に対する理解のレベルが低かったために、苦しい思いをしている人が多かったのではないかという風にも推察できるのです。

発達障害とオトナ

発達障害に大人になってから、気づくというケースでは、ほとんど周りの人が気づく場合には、トラブルになってることなどもあるために、社会で見守っていくという姿勢を見せていくことが何よりも重要であると言えるかもしれません。しかし、日本では、このような人々に対するケアというものは十分に発達しておらず、非常に苦しい思いをしているのは、本人であるということをよく理解しておくことが重要だと言えるでしょう。一般的に言われる、 ADHD、 とりわけ大人の ADHD の症状などとして言われるものは、衝動的なものが抑えられないということはあるかもしれません。仕事場などで言わない方が人間関係が円滑に済むかもしれないというような、不満や愚痴などというものを、抑えることができず、周りの人にぶちまけてしまう、というケースがあったりしてしまいます。

教育とADHD2

政府主導となって、文部科学省などに発達障害などについて指導してもらいながら、そのためのガイドラインなどを作成する動きは、現代では、十分に活発になっているとも言えますが、未だ子供の心まで届いていないということは、しばしば言えるかもしれません。このような発達障害を抱える子供の心の理解が十分に進めば、今のインターネットの掲示板などに見られるような発達障害や、 ADHD 、アスペルガー症候群に対するあまりにも酷い、誹謗中傷などはなくなると考えられますし、草の根レベルでの理解が、とにかく重要であるということは確実に言えるかもしれません。 小さい子供などであれば、 ADHD などの発達障害は、保護者や身の回りの人がすぐに気づくことができるため、初期的な段階においてケアをしたり、治療を行うことができるわけだということはまず間違いなく言えてしまう可能性がありますね。

教育とADHD

最近では、中学などの義務教育でも、このような問題を扱うケースが増えてきているようですが、あまり十分に理解が進んでいるとは、到底言えない現状があるということをよく理解しておく必要があると言えるかもしれません。特に、義務教育などの幼少期においては、自分自身が発達障害であるという風に悩む人も多いため、より詳しく教育で発達障害についてより理解を深めるための教えを行うなどの配慮が必要かつ重要なのではないでしょうか。自分自身が発達障害としての意識のある子供の親なども、自分自身の子供が発達障害であったと分かった場合には、どのようにケアをする必要があるのかということを教えたい人は多いでしょうし、子供と大人が一体となって、このような障害を学ぶ機会を作るということが、何よりも重要だということは確実に言えるのではないでしょうか。