発達障害は育て方の問題ではない

発達障害の原因としては、その全てを解明されているとは、なかなか言えないのですが、生まれつきの脳の機能に、何かしらの障害や不具合といったようなものが起こることで、日常生活の中での問題などが生じているようです。発達障害が生まれつきのものであるという考えの中で、社会的にもそのような認知度が高まりを見せていますが、それでも、尚、両親自身もしつけや育て方に問題があったのではないかなと言った誤った考えを持ってしまう方もいるようです。子供に対する愛情が足りなかった、育の仕方が悪かった、などと言って自分を責めてしまう親たちの姿も少なくないようです。現在では、多くのメディアなどでも発達障害についての情報を発信しているようですが、本人の性格とは無関係であり、また、親の育て方や教育の仕方などに関与しているものでもないと、はっきりと述べているものがほとんどです。発達障害は、個性などとして捉えられているケースもありますが、発達障害には、治療が必要というよりは、それぞれの個性に合わせたサポートが必要であると考えられています。適切なサポートを受けることで、障害とされている日常生活の中での問題などが、大きな問題でなくなることも多くあるようです。昨今では、さまざまな支援団体などの活躍も見られているようですので、発達障害を持つ人々の支援として、多くの情報を集めることもは大切であります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です