声のコントロール

子供は、大人の声に対してはとても敏感であるということが考えられているようです。大きさや声色などによっては、落ち着きをなくしたり、機嫌が悪くなってしまったりすることがあるのではないでしょうか。遊んでいたり、何かに熱中しているときに話しかける場合は、必要最小限の言葉で、静かに穏やかな雰囲気を心がけて伝えるようにすると良いでしょう。子供の敏感な感覚に与える刺激を少しでも減らすと共に、伝えなければならないことをどう刺激を少なく伝えてあげるかということが重要なのではないでしょうか。人は、大人であっても子供であっても、多くの情報をほとんど目から得ていると言われています。これは、発達障害の子供においてはさらに多くの注意力があるといっても良いのではないでしょうか。つまり、言葉で話しても理解が難しいといった場合には、行動とともに伝えるという方法に切り替えた方が伝わりやすいと言えるでしょう。見守る姿勢も大切ですが、しっかりと寄り添って見守り、少しでも危ないと感じたらすぐにサポートできるような姿勢を心がけることが重要でしょう。もしその時、子供が怒ったり、嫌がったりするそぶりを見せた場合、次は一人で納得できるまでやらせるということも大切でしょう。何よりも、子供の成長は日々変化していくものであるということをよく理解し、今までこうだったからというような考えをできるだけ持たないで接することが大切なのではないでしょうか。日毎変わっていく子供の姿を楽しめることが何よりも望ましいと言えるのではないでしょうか。声を荒げてしまったり、頭から叱りつけてしまうことのないよう、自身の疲れとも向き合い、適度にリフレッシュする時間を確保するのも大切なのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です