「発達障害」をもつ子どもたちと向き合うために

「発達障害」のこどもたちに対して、周囲がサポートする事を「療育」すると言い換える人々がいます。「療育」する事は、まず、周囲の大人たちが、子どもたちの個々の「障害」について理解をする事を求められます。時には、子育てする両親たちの、専門的なカウンセリング・サポートが必要な場合もあります。「発達障害」は、目に見える身体的な「障害」とは、異なり、目に見えない「障害」に向き合わなくてはならないケースもあります。子どもたちの行動パターンや、言動を、周囲の人々が理解するには、膨大な時間と労力を必要とする事もありますが、専門的な支援やサポートを行う施設や機関には、こどもたちの「発達障害」に関する、エキスパートや先輩達の存在がある事を忘れてはなりません。「発達障害」をもつ子どもたちが、社会性を理解する事は、時として困難なことかもしれませんが、周囲の大人たちが、彼らの「障害」を理解する事も非常に困難である事もあるのです。子どもたちの「療育」に、悩んだり、壁を感じるような事がありましたら、地域や専門機関に、相談できる専門職員や、頼れる先輩パパママがいる事を思い出してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です