発達障害と男女と子供

「発達障害」を男女比に表した時に、男性の方が、その比率として高いと言われています。これは、女性は、比較的社会性に優れているという性質がある分、発達障害のような特性が目立ちにくいとされているからです。男女の差というのは、身体的な違いの他に、脳の性質が異なるという研究結果が出されています。

 

  • 男性脳・・・論理的な思考が得意。結論を先に求め、感情には無関心になりがち。
  • 女性脳・・・社会性に優れている。答えや結論よりも、共感を求め、感情に敏感。

 

このような、男性脳、女性脳の異なりから、発達障害に、性差があると言われ、比較的、男性の方が多いのではないかと言われているのです。男女ともに幼児期の赤ちゃんには、発達障害の特性は目立ちにくいと言われています。時としておとなしく、手のかからない赤ちゃんが、発達障害の傾向があるような報告もされていますが、親の育児法、しつけ、愛情のかけ方などが、発達障害の原因である訳ではない点に関してきちんとした理解が必要です。幼児期に、発達障害の見分けは難しいとされていますが、社会性をもつ年齢とともに、発達障害の特性は現れてきます。まず、発達障害は、親のしつけ、育児法、などが原因ではありません。いまだに、解明されていない部分が多いことは確かなことですが、発達障害は、脳の機能に問題があり、様々な症状や問題行動が、集団生活や社会での生活に、不適応になるといった状態になる事です。その障害において、誰を責める必要もなく、また自分を責めることで苦しむ必要もありません。発達障害に必要な事は、周囲のサポートです。是非、公的な機関を積極的に頼り、支援を有効に味方につけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です