自閉症とは何か

「ASD(自閉症)」について詳しくみていきましょう。

「自閉症」とは、自らに閉じこもるといった心の病ではありません。脳機能に偏りがみられ、その「特性」の為に、社会的な人とのコミュニケーションが困難であると言われています。この「脳の偏り」には、「遺伝子の変異」が関係しているとみられ解明への研究が取り組まれています。

●言葉の遅れ
●人間関係の築きの困難
●こだわりの強さ

上記の3項目は、ASD(自閉症)の大きな特徴と言われています。
その他に、特徴としてみられる症状は、
●感覚過敏
●繰り返し行う行動
●目を合わさない
●パニックになりやすい
などが具体的にあげられます。

これらの症状を引き起こす原因として、
脳の特定の部位の働きとの関連性が高いと考えられています。

●脳の部位【側頭葉】
●脳の部位【篇桃体】
●脳の部位【前頭前野】
●脳の部位【前帯状回】

上記の脳の部位の働きが、通常とは異なるような動きをみせる事で、ASD(自閉症)の行動特性が関連付けをされているのではないかと、その働きの解明が進んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です