発達障害の種類について知ろう

「発達障害」は、現在、おおまかに3つのグループに分けると考えられてきました。ですが、この3つのグループには、確固たる境界線があるのではなく、それらの特性は重複などの重なりをみせる部分があり、連続するひとつづきの連続体と考えられています。「発達障害」考える際には、診断名などは、あくまでも目安となるもので、人の成長とともにその診断名は変化をみせたりすると言われています。

■ADHD・・・多動性障害(不注意・多動性・衝動性など、落ち着きがない)
■ASD・・・自閉症(他者との交流が苦手)
■LD・・・学習障害(読み・書き・計算が苦手)

上記のような、「発達障害」における、3つのグループの「特性」を、ひとつながりとして考え、どの特性が強い、弱いなどで、個々人への特性を理解した上で、必要な支援を行う事が重要です。支援の必要のない人に、不用な支援を行う事は、相手の能力を妨げてしまう事にもつながります。発達障害をもつ人が、「宇宙人」のようだと呼ばれる所以は、コミュニケーションの取りづらさや、時として感覚のズレた行動を行う事からくるのかもしれません。ですが、彼らには彼らなりの秩序があり、そのルールに従って行動しているので、常識的なルールを分かりやすく伝える事で、「障害」と言われる「特性」が、社会的秩序を害さない行動になっていくと考えられています。「発症障害」の診断名にとらわれず、個々人の「特性」に沿ったサポートが重要となってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です