発達障害を考える

「発達障害」を考えるにあたって、「発達障害」とは?と、その存在すら知らなかったという方もいらっしゃるかもしれません。「発達障害」とは、脳機能の障害と言われています。脳の認知機能機関の「障害」が、ある種の「特性」のある行動や、感覚をうみ、周囲の人々との社会的なコミュニケーションを取りにくくしていると考えられています。昨今、集団生活が必要な、学校生活や、職場などの環境での対人トラブルとして、様々な媒体などに登場するようになってきました。「発達障害」自体は、最近の問題ではなく、古来よりそのような記述は残されており、私たちの身近な問題として、人々の間で取り上げられてきたものであります。具体的にどのような事柄を表わすのかをまとめてみましょう。その特性は、集団的な行動をする際に顕著に現れやすいと言われています。ですので、就学前の幼児などが、自宅で家族との時間を過ごしている時点では、気付かれにくい事もあります。

●一般的な集団的ルールが守れない
●相手の身ぶり、表情から他人の感情などを読み取りづらい
●家族も含め、他人と視線を合わせようとしない
●対人関係を構築する事が苦手
●物事に関して、応用や柔軟な対応ができにくい

などが、「発達障害」にみられる「特性」の具体例となります。
共感したり、共有するといった関係性をもつ事柄に対する、対応能力が乏しいと考えられています。また、目に見えない明確化されていない物事、「感情」や「規則」といった抽象的なものを、想像するような事柄も苦手とされ、人とコミュニケーションを取ることに苦労しているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です