発達障害者の支援センター

発達障害者への支援を考える中で、「自尊心の回復」が重要であると言われています。発達障害を抱える人々は、社会的な交流を行う能力が比較的低いと言われており、その乏しさから、批判や誤解を受ける場面が多いと考えられています。批判や、誤解を受けやすい人々は、失敗や挫折感を繰り返す事で、自己否定を繰り返し、「自尊心」を失いがちであると考えられています。人間が社会で、人間的な暮らしをしていく為には、「自尊心」が大変重要な役割を果たしていると言われています。声に出して、「自分が好きです」と言ってみましょう。こう唱えるだけでも、自尊心を育てる事に効果がみられると言われています。私自身、半信半疑でしたが、実際に「自分を好きになる」という事は、人が自分らしく生きていくことに大きく関わっている気がします。
発達障害をもつ人々が社会と関わる中で、コミュニケーション力を育てる為に、支援センターとして「デイケアー」と呼ばれる、レクリエーション施設がまだ少数ですが活用されるようになってきました。「発達障害」自体が、社会の中での認知度がまだ低い事もあり、その支援センターの数は、まだまだ少ないと言われていますが、その活動の働きは、発達障害者の適応能力を立て直す拠点として期待を寄せられつつあります。その「デイサービス」での活動は、集団的な活動や、グループ作業などを通じて、発達障害をもつ人々が、自身の特性の長所・短所を見出し、「自尊心」を芽生え差せることに目的があります。今後も多くの人々が利用できるよう、地域に芽生えさせたい活動拠点の一つでもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です