発達障害の中でも、具体的には、 ADHD と呼ばれるものが、一般的で、注意が大きく欠如してしまったり、多動性症候群なども、このうちに含まれるようです。子供などでは、比較的、注意力が散漫であったりとか、多動性の傾向が見られたりしても、成長の過程で、補正されるということがあるわけですが、当然のことながら、発達障害の一つとして、考えられているということは、このような、問題が、大人になっても、継続してしまう場合も、あるということです。昔であれば、このようなものを、全く、医療の見地から、度外視の状態で、直そうとする動きもあったわけで、当時の発達障害を抱える人からしてみれば、非常に苦しい環境であった、ということは間違いない、と言えるのではないでしょうか。しかし、現代では、発達障害に関する理解が大きく、進んできたことが見られるため、ある程度は暮らしやすいという状況が見られるということは、間違いないと言えるのではないでしょうか。しかし、社会に出てみると、発達障害などを抱える人が、十分に暮らしやすい環境が整っているかといえば、決してそうではありません。職場の環境から言えば、発達障害を改善する、という方向につなげるのではなく、発達障害で、あるまま、あるがままを、どのようにして受け入れて、仕事につなげているのか、ということが重要になってきている、と言えるでしょう。 近年では、このような障害者に関する理解が大幅に進んでいるとは、言われているのにも、決して一枚岩ではなく、十分に理解が進まないために、すれ違いが生じてしまったり、トラブルが生じてしまったりするケースもよくあります。このような場合はおおきなトラブルへ発展しやすいのです。