最近では、ノイズキャンセラーも小型になっており、かつ、高性能になっているため、ノイズキャンセラーをしてさえいれば、十分に日常的な生活を送ることができるということは、一般的に言われるようになってきたようです。しかし、残念ながらそれに対して、発達障害を抱えている人以外の理解があまり十分に広がっていないということが挙げられるのではないでしょうか。このような中で、発達障害の人が生きづらさを感じているというのが、現代社会でもあるというのは大変残念ですし、理解が深まることを願わんばかりです。他にも、限局性学習症と呼ばれる症状があり、コミュニケーションは全く自然に出来るのだけれども、文字を読むことがどうしてもできないという人がいるようです。このようなタイプの人を、発達障害のくくりとして限局性学習症と呼ぶようで、あまり現代社会では認知されていないようです。しかし、この症状も一つの発達障害であるというふうに考えられています。このようなタイプの人は、全く能力が低いというわけではなく、障害として文章の単語や、文字や、文法というものを理解できないということが挙げられているわけです。そのため、仕事をする上でコミュニケーションなどをうまくすることができるが、全く書類などに集中して目を通すことができないというような症状が出ているようで、大人の発達障害の一つとしては、大きな問題になってしまっているということはあげられるかもしれません。このような場合でも、病院などに行って、カウンセリングや治療を受けることである程度の改善が見込めたり、職場の理解が得られる可能性があるわけですから、積極的に利用してみることが重要だとなによりも言えるでしょう。