発達障害に置いては、どのようにして解決するか、ということが重要だということに早く気づく必要があるのかもしれません。一般的な発達障害の症状として挙げられているのは、自閉スペクトラム症と呼ばれるもので、社会的な関係が不得意であったり、コミュニケーションが上手に取ることができないということが挙げられるでしょう。簡単なテストなどもあるようですが、小説や、文章などを読むのは得意であっても、人と人との会話をすることがとても苦手だったり、感情を共有することが難しいために、日常会話にうまく入っていくことができないということも、一般的にはあるようです。また、他にも小説などを読んでいく中で、自分自身の環境とはかけ離れた話などを選んだ際に、そのストーリーや様子などを想像することが、非常に難しいという症状もあるようで、例えば、相手の話などを聞いている時に、このような症状を発症してしまうようなこともあるようです。このような症状は、なかなか他社にとって理解されにくいために、あの人は感情がないなどという風に厳しい言葉を投げかけられてしまうことも、昔はあったようです。今は、自閉スペクトラム症と呼ばれるように、きちんと病名として名付けられているということは、治療の方法が確立しつつあることの裏返しでもあると言えるのではないでしょうか。他にも、相手がどのようなことを自分に言いたいのかということが、うまく読み取れないという症状もあるようで、このような症状が強いと、例えば、仕事を進める環境などで評価が下がってしまったりすることもあるようですから、注意が必要だと言えるでしょう。