発達障害が気付かれる場合、専門的な事業を行っている会社などに入ってみると、非常に仕事の遂行能力は高いのだけれども、仲間内でのコミュニケーションは非常に低く、上手く物事を進めることができないというような話を、よく聞きます。このような場合には、きちんと診断をしてもらって、病院に通いながらカウンセリングなどを受けることで、改善の糸口を掴んでいくということが重要だということです。ただただ、コミュニケーション能力が低いという風な自己診断をして悩んでいるのはもったいないということです。現在では、医療方法なども確立されつつあるわけですから、積極的に病院に行くなどして診断を受けるということが、まず重要だと言えるかもしれません。他にも、視覚や、聴覚などといった、特定の器官の感覚が非常に研ぎ澄まされており、少しの音でも敏感に感じてしまうという人はいるかもしれません。例えば、聴覚過敏の人などにとっては、普通の人が全く聞き取れない音が聞こえてしまい、苦痛を感じるということもあるようです。後ろから走ってきた自転車のベルの音などが、とても苦痛に感じてしまい、耳栓などをしながら歩くという人もいるということです。他にも、ノイズキャンセラーをイヤホンと間違われてしまい、嫌な思いをした人がおり、一般的な日常生活で、もうイヤホンと間違えてしまうために大きな声で注意をされてしまったなどという経験談を話す人もいるようで、聴覚障害に対する理解などは、依然として広がっていないと言えるのではないでしょうか。