発達障害の類別として、会話できるけれども書くことが苦手であるという人があるようです。具体的に言ってしまえば、限局性学習症の人が書く文章などには、文法などの誤りが非常に多いため、日本語としてうまく受け取ってもらえないということもあるようです。このタイプの人の場合であっても、日常生活は上手く遅れているのだけれども、十分に支援が受けられないため苦しい思いをしているという人も多いということをよく知っておく必要があるでしょう。また、数学的な処理は苦手な人という人も多くいるようで限局性学習の人にはよく見られる症状であると言われるようです。例えば、高校生や大学生などであっても、文学的な成績は非常に良くても、数的処理は異常に苦手という人は多く、このような人の中には一つの発達障害を抱えている人がいるという可能性があります。計算が正確に全くできない数学的処理をしていると、集中力が持たないというタイプの人なども現代では十分に見れてるようです。現代社会では何と言っても、 ADHD と呼ばれる言葉が一人歩きしてしまっているために、症状以上のことを悪く言われているケースもよくあり、改善しなければいけない事態であるという風に言えるかもしれません。一般的に、精神的な病気というのは、日本ではなかなか理解が進まなかった背景があるため、このように現代においても、一般的な発達障害を抱える人以外の人々の理解が、十分に進んでいるとは到底言えない現状があるという風に言えるかもしれません。